« ベストキット 2010 | トップページ | バッファロー翔太  »

2010年8月17日 (火)

片淵 剛太

夏休みスペシャル企画 第2弾

エピソード

Photo_6

片淵 剛太  (会長)

言わずと知れた会長である.......

ジムが出来て約3年

自分が来て2年ちょっとだから

自分は初めから居たのではない

途中から来たのだ.......

実は片淵会長とは16年近く前からの知り合いだ

Photo_7

お互い同い年で21歳の時

千葉県木更津市にある

『 木更津グリーンベイジム 』というジムで同時期に

トレーニングを積んでいた

彼はその時 すでに花形ジムから移籍してきたプロボクサーであり

自分はアマチュアからプロに転向目指して練習を積んでいた

ジムはまだ出来たばかりとあって選手も少なく 彼はジム期待の1番手だった

同い年という事もあり意気投合し 彼が暮らす合宿部屋にも

何度か遊びに行ったこともあった

スパーリングをしたこともあったが

彼が圧倒的に強く全然敵わなかった

P1010129

しかし しばらくして彼は腰の状態が思わしくなくなり

選手を続けられなくなったようで ジムから離れてしまった

とくに別れの言葉も無かったから..... 寂しさもつかの間.......

今度は自分も膝を痛めてボクシングを続けられる状態では

なくなってしまった

自分は膝が完治せず その悔しさから フィジカルトレーナーに転向した

P1010139

しかし 数年後、ボクシングマガジンに衝撃の記事が載る

『 コウジ有沢 vs 片淵 大激戦のドロー !!! 』

そう 彼はボクシングに舞い戻っていたのだ

Photo_8

コウジ有沢といえば当事 世界ランカーでもあり

日本ボクシング界きってのスター選手

そのコウジとダウン応酬の末 ドローにまで持ち込んだのだ

この試合はボクシングマガジンの年間激闘賞にまで選ばれる程の

名勝負と評価されたようだ

Photo_9

そして自分はたまたま 知人のボクサーの試合を見に行ったときに

後楽園ホールで 偶然 彼と再会

 

その後はフィジカルトレーナーとして

花形ジムにも 出入りさせて頂いていたが

今度は 彼は網膜はく離を患い惜しくも 引退してしまう

そして今度はジムを開く事になる

Pict006

その時 KGにたまに顔を出していた時

スタッフが少ない状況という事で 自分も加えてもらうことになった

ずいぶん話しが長くなったが

16年前 まさかお互いがこんな関係になるとは夢にも

思っていなかった

P1010120

だからジムのみんなに思うのは

人のつながりが大事ということ

もしかしたら 今殴り合っている奴と 数年後はまた

違うつながりがあるかも知れない

ボクシングは個人競技だけど

いろんな出会いを大事にしてほしい

P1010164

P1010168

あと 会長にコウジ有沢戦の話しを聞いてみて

きっと凄い話しが聞けるかも.......

Σ(゚□゚(゚□゚*)

« ベストキット 2010 | トップページ | バッファロー翔太  »

コメント

出会いって素敵ですよね(*^m^)
ワタシもジムに入会して色々な方と知り合えてうれしいデス☆
きっとこれからも色々な人と出会うんだろうな。。。

出会いはすばらしいですね。
たった一つの出会いで人生はいくらでも変わるのだと最近感じます。

ありがとうございます
このブログでも会員さんの情報・エピソードを発信いたしますので
みなさんの交流のネタに使っていただければと思います。
ボクサーはシャイで真っ直ぐな奴らが多いです。
現役の時は競技に精一杯で見えない事もいろいろあります。
みなさんの温かい目で見守ってやってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391980/36197041

この記事へのトラックバック一覧です: 片淵 剛太:

« ベストキット 2010 | トップページ | バッファロー翔太  »