« 佐藤 康行 | トップページ | あしたは.... »

2010年12月23日 (木)

ボクサーのための減量法 理論編

今日は 現役ボクサーのために

食事と栄養に関する 情報をお伝えしたいと思います riceball


その第1弾は ボクサーとは切っても切り離せない 『 減量 』 だ

この減量を上手くやるかやらないかで

コンディションは 全くと言うほど違いが出てくる

Dsc00128

ひとえに 減量といっても 僕がボクシングを始めた頃 

20年前とはやり方も全然 進化していて 

その昔は 『 食べない ・ 飲まない 』 が当たり前のようだったが

今はむしろ その真逆

『 食べて ・ 飲んで ・ カッパ着ない 』 が主流になりつつある

Photo_3

昔は 試合2週間前 あたりから水分を落として減量を始め 

極端に食事を減らす ボクサーもいたりしたり

試合1週間前から 水分を全然取らずに練習したりしていたが

むしろ コンディションを作るには逆効果で

今では試合3日くらいまでは しっかり食事を取り

残りの日でドライアウト( 水分を抜く作業 ) に入るのが効果的とされている

( 落とす程度や期間にもよるが )

Photo_12

それには勿論きちんとした 減量計画と知識・経験が必要になってくる

基本的には 

『 体脂肪減量期 』 と 『 ドライアウト期 』

の二つの期間を意識して 食事の内容も変わってくる


『 体脂肪減量期 』 には 長期間 摂取カロリーを意識して

計画的に体脂肪を落として行きます

通常練習しているボクサーなら 

体脂肪は 15%~10% の間あたりにいると思います

これを 8~5%の 数字に絞って行きます

Photo_4

『 ドライアウト期 』 は短期間で水分を落とします

軽量級    2~3kg

中量級    3~4kg 

重量級    4~5kg は 3日もあれば簡単に落ちます

( 上手な調整をすれば1日で落ちます )


これには 科学的なメカニズムがある

例えば トマト 10個 を一度に食べたとしよう

Photo

1個 200g 40キロカロリーとして

2kg 400キロカロリー が 体内に入っていった事になる


ボクサーにとって 2kg増 は致命的だ

しかし これは 何もしなくても 1日もすれば 

汗や便として出てゆき 元の体重に戻ってしまう


人間の身体はには 浸透圧というものがあり

それは 体内のナトリウム濃度で調整されている

つまり 塩分の濃度だ

人体は 塩分と水分のバランスが一定に保たれていれば

余分な水分は体内に蓄えない仕組みになっている

Photo_14

トマトはその 中身の95%以上は水分で出来ており 

残りは固形物である食物繊維などで形成されていて カロリーも低い


しかも トマトは塩分 0g だから トマトだけ大量に食べても 

そのほとんどが対外に排出されるわけだ


それに対して ポテトチップスなら  100g 562キロカロリー ( 一袋 85g )

が体内に入る事になるが トマトの 1/20 の重さでも

トマトより高い カロリーを摂取し

一袋 約1g の塩分を摂取するため 

水分を一緒に取れば 体内に蓄積されてしまうのだ

Photo_2

これが 2kg なら 11240キロカロリー 

20g もの塩分を摂取してしまうことになる 

( 脂肪に換算すると 1.2kg )


ちなみに 脂質は体内に取り入れられて 

体脂肪として蓄積するまで 約2週間程タイムラグがあるので

なかなか直ぐについてしまう意識がない

Photo_8

少し話が難しくなったかもしれないが

単純に食べた物の 量や重さが 

体内に蓄積されるのでは ないということを覚えておいてほしい

一般の方が 「 昨日食べ過ぎて太っちゃったわ~ 」

というのと ボクサーの減量は 全く意味が違うということだ

Photo_15

しかし これを時期や期間を意識して

食べる内容を選択していけば 

筋肉をそぎ落としたり 体調を崩したりすることもなく

ギリギリまで 食事・水分を取り効果的に

摂取して減量することが出来る


ちなみにこのような 効果的な減量法だからといって

決して楽な訳ではない

長期間の節制になるので 食べる物の種類も限られ

かなり強い精神力が必要とされる

Photo_9

ボクサーにより様々な減量のやり方があるので 一概には言えないが

短期間で飲まず喰わずの方が楽だったりする


でもベストコンディションで試合に臨み 勝ちたいのならば

どちらを選択するかは お分かりだと思う


ウチのジムでも ベテランの田川や中野

新人でも ジェームス ( 今は増えすぎだけど ) や荒谷といった選手は

筋肉をしっかり残して 身体を絞ってきている

P1020762
Dsc00173
Dsc01145


いかがでしょうか?

一度に説明するのは少し難しい内容ですので

次回は 実際の減量方法 をどのように行なえばいいか?

何を食べるのがいいか?

というのを 『 実践編 』 という形で ご紹介したいと思います paper

« 佐藤 康行 | トップページ | あしたは.... »

コメント

ダイエットって調べたらたどり着きました!

是非とも続きの
一度に説明するのは少し難しい内容ですので
次回は 実際の減量方法 をどのように行なえばいいか?
何を食べるのがいいか?
というのを 『 実践編 』 という形で ご紹介したいと思います 

実践編よろしくお願いします。

あすかさん ありがとうございますhappy01
ウチジムの会員さん以外の方にも見ていただけて感激ですhappy02

一応 1月5日と6日に 『減量法実践編』 を掲載しております

あすかさんはダイエットが目的でしょうか?
一般の方のダイエットの場合ですと
ボクサーの減量法はストイックすぎて厳しいかもしれませんね
coldsweats02
ウチのジムのフィットネス会員さんには

「朝・昼はしっかり食べて 夕食の炭水化物を減らしてください」

というアドバイスだけでも 
ボクシングの練習を1時間を 週3~4回程度行なえば
平均的に3kg程度は痩せている方は多いですよwink
(多い方はもっと痩せますが)

ボクシングを出来る環境が近くにあれば是非オススメしますrock


 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391980/38149336

この記事へのトラックバック一覧です: ボクサーのための減量法 理論編:

« 佐藤 康行 | トップページ | あしたは.... »