« ふたたび ガッツ&具志堅伝説 | トップページ | 合成の間 »

2011年1月16日 (日)

時速150kmの球を打つ方法

Capd20110116_1

Capd20110116_3

Capd20110116_2

Capd20110116_5

Capd20110116_6

Capd20110116_4

Capd20110116_8


実はコレ 『 速読 』 のトレーニングをした結果なのです

Capd20110116_26

Capd20110116_39

Capd20110116_29

この速読の先生も当然 ガンガン バットに当ててしまいます baseball


興味の湧いた方はこちらの映像をどうぞ tv

( 3分30秒の映像です movie )

 


では 実際に目のトレーニングをやってみましょう


Capd20110116_15

まずこの図を見てください

1~25 の数字を順番に目で追っていきます eye

時間は30秒間です

ヨーイ スタート clock

Capd20110116_30


どうでしたか?

何番まで読み取れたか覚えておいてください


では ここから目のトレーニングを行っていきます

まずは 眼筋トレーニングです

顔の両側に両手の人差し指を立てます


頭や顔を動かさず正面を向いたまま 

眼球だけを 左 ・ 右 ・ 左 ・ 右

と交互に指を見ていって下さい

Capd20110116_31

Capd20110116_32

時間は6秒間です


今度は同じように

顔の上下に人差し指を平行に置き

眼球だけを

上 ・ 下 ・ 上 ・ 下

に交互に見ていってください


時間は6秒間です

Capd20110116_33

Capd20110116_34


次は 『 毛様体筋 』 という目のピントを調節する

筋肉のストレッチです


目の前の10cmくらいのところに左人差し指を

そこからさらに20cmくらい離れたところに

右手人差し指を立てます


この状態で

奥 ・ 手前 ・ 奥 ・ 手前 

と交互に指を見ていってください


時間は6秒間です

Capd20110116_35

Capd20110116_36


このトレーニングは 左右の手を変えて

両方行なって見てください


これらのトレーニングは

眼のストレッチですので 無理に速くしようとしなくても

自然に速く動かせるようになります


これで眼のストレッチ完了です


最後は 視野を広げるトレーニング

Capd20110116_37

顔の両側に手を出してください


その手を少しずつ手前に引いていって

手が見えるギリギリの位置でいったん止めましょう

Capd20110116_38

そうしたらさらに1cmほど手を引いて

完全に見えない位置まで持っていき

その見えない手を見ようと意識して見ましょう


おつかれさまでした


ではもう一度 先ほどの図で

数字を追っていきましょう eye


ヨーイ スタート clock


Capd20110116_30


どうでしたか?


初めより多く数字を読み取れたでしょうか?


上達には個人差がありますが

続けていけば確実に処理速度は上がっていくでしょう


これらのトレーニングは 

『 スポーツ速読トレーニング 』 のほんの一部ですが

ご興味のある方は この本を買ってみてください book

トレーニング用 DVDもついています cd

Photo_2


ボクサーのディフェンス オフェンス技術の向上にも

きっと役に立つと思います scissors


« ふたたび ガッツ&具志堅伝説 | トップページ | 合成の間 »

コメント

このトレーニング見たことありますscissors

150キロってマシンと人間じゃ同じ球速でもマシンの方が150出てるかわからないんですよねcoldsweats01

マシンは棒球だから打ちやすいですよwink
でも速度トレは実践してみますsmilesmile

(^-^; そうだね

実際の球がそんな簡単に打てたら
みんなプロ野球選手になれちゃうわな baseball

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391980/38489591

この記事へのトラックバック一覧です: 時速150kmの球を打つ方法:

« ふたたび ガッツ&具志堅伝説 | トップページ | 合成の間 »