« オレたちもがんばるぜ!! | トップページ | 古武術の技 ~其の弐  »

2011年3月16日 (水)

古武術の技 ~其の一

以前 『 武術的思考法 』 

というタイトルでご紹介したが

このような 災害時に 武術的な身体の使い方 を

身に着けていると 非常に役に立つハズだ impactdanger


簡単なコツを覚えるだけで

力のない女性でも 動けない人を持ち上げたりして 助けたりできるし

力のある人でも 体力の温存を図れる run


もともと 介護現場などで用いられてきたものだが

イザというときの 緊急事態で応用していただきたい 


まずは 甲野 善紀 先生のお手本から 

( 4分 43秒の映像ですmovie )

Capd20110315


Capd20110315_1

Capd20110315_2_2

コレは 『 浮き取り 』 という技


コツは簡単


Capd20110315_3

斜め前に両足を開いて 踏ん張らずに立つ


Capd20110315_4

腰を落として 左手は ももの下

右手は 背中にまわす


Capd20110315_5

左手  甲側から入れてから入れてから 手のひらを返す


Capd20110315_6

右手も同じく 甲側から入れてから入れてから 手のひらを返す


決して力で持ち上げようとせず

後ろに倒れるような感覚で立ち上がるとよい up


実際にやってみると 解りますが

持ち上げている方だけではなく

持ち上げられている方も とっても楽に感じます happy02


難しそうですかsign02


では 簡単なモノから練習しましょう slate


寝ている人を 楽に起こす方法です

Capd20110315_16

普通に起こそうとしても かなりキツイです ι(´Д`υ)アセアセ


ではやり方を変えます


P1030957

Capd20110315_17_2

今度は手の甲から入れます


Capd20110315_15

首では痛いので 肩の上部に 前腕が掛かるようにします


Capd20110315_18

相手をジッと見るのではなく

横を振り返りながら見るような感覚で起こすと upwardlefteye

スッと持ち上がります ψ(`∇´)ψ


なぜ 手の甲側を使うかというと

普通に抱きかかえてしまうと

二の腕に力が入ってしまい疲労しやすくなります coldsweats02


手の甲側を使うことによって 腕に頼らなくなり

自然と 身体全体の力を使うことが出来ます (・∀・)イイ!


滑る場合は 手の甲から入れて 

後から手の平向きに変えても大丈夫です


お次は

『 はね釣り 』  という技

しゃがみこんでいる人を

素早く移動させる技ですが

Capd20110315_12

このように 力ずくで上げようとしても

なかなか上がりません (。>0<。)


P1030962

そこで 持ち方を変えます

このように左手は 『 折れ紅葉 』 の形を作ります maple


Capd20110315_10

左手は 折れ紅葉にした手を相手の肘に引っ掛け

右手は相手の前腕を握ります


Capd20110315_14

あとは 後ろに倒れこむようにして 引き上げますupwardleft

Capd20110315_11


どうでしたか?


実は そんなに難しいものではありません

上手い人で 4~5回


10回以上 練習すれば 大体みんなマスターできますよ (σ・∀・)σゲッツ


コツはあまり理屈は考えず 身体の感覚を体感するコトです Σ( ゜Д゜)ハッ!


技はまだまだ あるので 

今後も 少しずつご紹介いたします soon


« オレたちもがんばるぜ!! | トップページ | 古武術の技 ~其の弐  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391980/39239527

この記事へのトラックバック一覧です: 古武術の技 ~其の一:

« オレたちもがんばるぜ!! | トップページ | 古武術の技 ~其の弐  »