« 中野 敏 | トップページ | 日本男児 »

2011年5月31日 (火)

ボクシングスタイル パート2

以前 ボクシングにも 

様々なスタイルがあると紹介したが

ボクがボクシングを始めた 23年前に比べて 

本当に様々なスタイルが出てきたと思う  w(゚o゚)w


ボクは軽量級だったので 当時好きだった選手は


韓国人の名チャンピオン crown

WBA 世界 Jフライ級チャンピオン  柳明佑 ( ユー・ミョン・ウー ) 選手

Capd20110531


なぜ この選手が好きだったかは 映像を見ていただきたい movie

( 1分 4秒の映像デスmovie )


戦績 39戦 38勝 (14KO)  1敗


世界タイトル 17連続防衛中 残念ながら 

日本の 井岡 弘樹にタイトルを奪われてしまったが

リターンマッチで雪辱し奪還 recyclecrown


最後は世界チャンピオンのまま引退した 韓国を代表する 名王者だ

Capd20110531_1


柳明佑 の特徴は 旺盛なスタミナと 

打ち出したら止まらない ノンストップの 


通称 “ ソナギ パンチ ( 夕立ち ) “ punchrockpunchrockpunchrock


と呼ばれる回転の速い連打 notes

Capd20110531_7


もう一つ 動画をぞうぞslate

( 45秒の映像デスmovie )


この連打で 挑戦者を次々とマットに沈めていった punchannoydown

Capd20110531_8


なぜ 柳明佑が好きだったかというと.......


本当は 軽量級なら 誰もが憧れる リカルド・ロペス 

Photo_4

のようなボクシングを当然やってみたかったが

Photo_3


正直 ボクシングが “ ヘタっぴい “ だった 

ボクには マネ出来るはずもなく sweat01


身の丈を知ったボクは

ヘタはへたなりに テクニックで敵わなきゃ 

イザとなったら打ち合うっきゃナイ!!  という信念の元 


“ コリアンファイター “ と呼ばれる 

韓国選手の “ 前に出て打ち合うボクシング “ に憧れたのでした shine


Capd20110531_10

この ソナギパンチも 腰が入ってなく 手打ちの打ち方で 

教科書的には あまり良いフォームではないのですが


「 ヘタクソでも 手数を出して頑張れば なんとかなるんだ!! 」


という ボクにとっては イザとなったときの お守りのような存在でした confident

Capd20110531_15


しかし 現在 韓国ボクシングは かなりの低迷期 weep


今では 柳明佑 選手のような コリアンファイターはお目にかかれませんが

ボクにとっては 永遠のアイドルのような選手でした ゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

Photo

« 中野 敏 | トップページ | 日本男児 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1391980/40202551

この記事へのトラックバック一覧です: ボクシングスタイル パート2:

« 中野 敏 | トップページ | 日本男児 »